セフレの関係がやめられない「孤独感」

セフレだとわかっていたけど、踏み込んでしまった関係

なんとなくで始まって、ハッキリしない関係

 

ちゃんと付き合っているわけではないから

口では「そういう関係だから」と言っていても

心は割り切れていない、辛い状態。

 

「好きにはなってもらえない」

という現実を会うたびに突きつけられる。


うんうん。わかります。

心が痛い。寂しくて、苦しくて仕方ない。


実は


こういう関係になってしまって抜け出せない人の心の奥には

昔から、ずっとずっと持っている「寂しさ」「孤独感」があります。

それが積み重なっているので、「恐怖」に近い感覚になっています。


この孤独感は根深く、心の奥底にあります。

 

セフレだと思って、やめようと思っても、

「孤独になるよりマシ!」

と感じてしまうので、別れることができないのです。


「誰か私を救って!守って!」と願っているから

恋愛ならば、この痛みから逃れられると思ってしまっているので

恋愛に依存してしまうことになります。

 

辛かったし、寂しかったから、この関係が必要だったのです。

だから、始まったときには仕方がなかったし、

そんな自分を責める必要はありません。


でも

本当に幸せかな〜と思うと、やっぱりこの関係は辛いし

もっとちゃんと幸せになってほしいなーと思うのです。

 

その彼と別れて前に進んだとしても、

誰と付き合っても、この寂しさは襲ってきます。


相手は人間なので、いつもあなたの思う通りにはしてくれません。


そうすると「この人も私を大切にしてくれない」と思って

「救ってくれると思ったのに。。。(やっぱり寂しい)」と心が乱されるのです。


現実の問題は

「セフレの彼との関係をどうにかしたい」なのですが


本当にチャレンジしなければいけない問題は

「根っこにある孤独感や寂しいという気持ち」なのです。


「一人になるのは嫌だよー」

「またあんな気持ちを味わいたくないよー」

という奥にしまってある気持ちを感じてあげる必要があるのです。


この孤独感や寂しさ、恐怖に近いような感情を癒していくことで、

自分の本来の力を取り戻せるようになります。


それから、彼とどうするかを考えれば

おのずと答えを出すことができます。


一緒に乗り越えて、幸せになりましょう!

 

心理カウンセリングコース

婚活コンサルティングコース