男女の違い・・・表情を読み取る

男性は感情を読み取る大脳辺縁系が

女性に比べて不活発だと言われています。

 

この大脳辺縁系は感情や記憶を制御する場所。

 

ですから、

男性は人の表情や感情を読み取ることが不得手で、

記憶と感情を結びつけて保存することができません。


一方、女性は目をみただけで、

相手の表情を読み取れる生き物。

 

男性に女性と同じように「何も言わないけど気持ちをわかってほしい」は無理なのです。


男性は悪いことも忘れますが、良かったこともあまり覚えていられません。

褒められた、喜ばれたなども忘れやすいのです。

 

なので、男性は女性と比べると、そのときの評価を常に気にしてしまうのです。


この評価を気にするというのは、生物的に縄張り争いをしてきた男性にとっては

評価されない=子孫を残せない(負ける)ということになるので、すごく重要なのです。

 

逆に女性は長期目線(子供を育て上げる)なので、評価されるよりも、

守ってもらえていることが大事になります。


何を評価されたいかのポイントは違う場合がありますが

 

基本的に

「僕は役に立ってる?」といつも確かめたいのが男性なんですね。


ですから、男性と話をするときに、女性と同じようには察したりできないので

 

「OOしてほしい」

「私はOOと思ってるの」とはっきり言葉にして伝えることや

 

「すごいね!」「素敵!」

と褒める言葉をたくさん口にすることがとても重要なのです。

 

心理カウンセリングコース

婚活コンサルティングコース