回避依存症

「モテる男(女)」が抱えていることの多い心の問題。

相手に惚れさせて、自分は心を開かないというパターンが典型的。

よそ行きの心だけを見せているために、安心感が得られない。

表面下の感情には親密になるのが怖いという感情があり、

根っこには「捨てられることが怖い」という感情がある。


回避依存症タイプと交際している相手は、心を開いてもらえないので不安定になりやすい。

大抵の交際相手が辛くなり去ろうとすると、根っこにある「捨てられることが怖い」という部分が出てくるため、別れ際に態度が変わったりする。

「捨てられるのが怖い」という感情から逃げるために、何人もの交際相手を同時に確保しておき、無意識に振られたときのダメージを少なくしている場合もある。


ひどい男(女)と見えるが、捨てられる恐怖が大きいため、相手の辛い気持ちを思いやる心の余裕は全くない。

自分では恋愛にむなしさを感じているが、自覚することは難しい。


 回避依存症のタイプの男性には、共依存症と言われるタイプの女性が引き寄せられることが多く、絡まった関係性になりやすい。